ホーム > 暴追センター案内 > 主な活動内容 > 暴力団離脱者の社会復帰支援

暴追センター案内

主な活動内容

暴力団離脱者の社会復帰支援

大阪府暴力団離脱者支援対策連絡会

社会復帰支援 暴力団離脱者の
就労支援等社会復帰支援を行います。

 本会は、暴力団離脱者の就労支援等社会復帰支援を行なうため、平成4年12月、大阪府警察をはじめ、暴追センターや国・大阪府など労働開発機構・団体等の関係機関・団体が設立したものです。
暴力団をやめたいと思っている人、
やめたが社会復帰がままならない人は、暴追センターまでご相談ください。

離脱者雇用給付金支給制度

社会復帰 “カタギ”になった人を雇用した企業に
給付金を支給します。

 大阪暴追センターにおいては、暴力団を離脱した者を継続して1カ月以上雇用した事業者のうち、

 1.大阪府暴力団離脱者支援対策連絡会の協賛企業であること
 2.雇用された離脱者が大阪府内に事務所を有する暴力団員であったこと、
  または大阪府内に住所を有すること
 3.当該離脱者を雇用したことについて、他の都道府県センター等から
  給付金の支給を受けていないこと
などの条件を満たす事業者に対して給付金を支給しています。

暴力団離脱者受入協賛企業

暴力団離脱者を、雇用してくださる企業を募集しています。
雇用して頂いた協賛企業には、「雇用給付金」が支給されます。
 暴力団対策法施行後、暴追センター等に暴力団員やその家族から「カタギになりたい。」等の相談が多く寄せられています。しかし、離脱した暴力団員が一般社会人として社会復帰をするためには、生活の基礎となる就労が是非とも必要です。真撃な気持ちで暴力団をやめ、社会復帰を望む人には、「大阪府暴力団離脱者支援対策連絡会」が手助けをしています。 暴追シンボルマーク
暴追シンボルマーク

↑ページの先頭に戻る