暴追センター案内

主な活動内容

少年に対する暴力団の影響を排除する為の活動

暴力団の実体(悪性)

最近の暴力団の特徴?
一見して暴力団員風は昔の話、今は普通のサラリーマン風
勧誘  暴力団の見分け方は、昔は、代紋入りバッジに入れ墨、指詰め、パンチパーマ、派手な服装に強面の顔付き・目つきといった一見して暴力団員と分かる特徴がありましたが、今は普通のサラリーマンと殆ど見分けがつかない服装や風体で近づいて来ます。
 また、勧誘の態度も紳士的であり、笑顔を絶やさず、言葉遣いも丁寧で、巧みに甘い言葉を使い分けて勧誘します。
 例えば、暴力団の世界とヤクザ映画を同一視し、その主役のような生き方をしたいという少年には「事務所でしばらく頑張れば、立派な幹部になれる」と言って事務所に連れ込んだり、お金を欲しがっている少年には「2〜3日仕事を手伝えば大金が入る」と言って露店の手伝いや暴力団が経営する風俗店で働かせ、組へ加入させます。
 要は、「甘い言葉に気安く乗るな」、そして、「そんな甘い言葉で近づいて来る相手には気をつける、油断するな」ということに尽きます。
注:「代紋」とは、組の紋章のこと
暴力団は、最近、暴力団員であることを警戒されるので、それを避けるため、普通のサラリーマン風の格好や、紳士的な態度を装い、巧みに「甘い言葉」で勧誘しています。

親分 ・ 子分
Question暴力団に入ると、組長とは実の親子以上の関係になるってホント?
親分・子分の関係  暴力団の組織では、一旦盃をもらったら親分・子分の関係は、実の親子の関係より強く、絶対的なものと位置づけています。
 組長や幹部の命令は絶対で逆らうことは許されず、実の親・兄弟より「組」に拘束されるので、自由はなく、親の死に目にすらあえません。

服従
Question上からの命令には、絶対に逆らえないってホント?
 組長や幹部の命令には絶対服従です。これに逆らうことはできないので、無理と分かっている命令でも従わざるを得ません。
 例えば、組長に「相手を殺してこい」と言われたら、これに逆らうことはできず、イヤでもやるしかありません。とにかく、自分の意思は一切通用しないのが暴力団の世界です。

掟(おきて)
Question失敗は、絶対許されないってホント?
暴力団特有のルール 掟  暴力団特有のルールが「掟」です。
 組長や幹部の命令は絶対であり、その主なものが「反抗の禁止」「仲間を売る(密告、裏切り)ことの禁止」などです。
「掟」は冷酷残忍で、「掟」を破ることはもちろん、失敗も許されません。
 失敗しても、普通の世間のように言い訳や意見、文句などは言えません。
 さらに「掟」により、暴力団の世界特有の「指詰め」という大切な指を切り落とす処分を受けた後に「破門、絶縁」といった厳しい処分が待っています。

離脱
Question暴力団に入ると自分の意思で脱退(組抜け)できないってホント?
自分の意思で脱退できない  自由に脱退することは「組」が許しません。
 一旦結んだ親分・子分の関係は絶対的なもので、自分の意思で暴力団を自由にやめることはできません。事情があり、仮に許してくれたとしても、組抜けの落とし前として「指詰め」や「法外な金」を要求されます。

自由
Question暴力団は、自由がないってホント?
組事務所の当番  本当です!
 組に入ると、誰もがまず最初にさせられるのが組事務所の当番で、一日中、電話番の他、掃除や炊事までさせられ、彼女と遊ぶ時間なんてありません。
 その上、いつも組長や幹部達の世話や使いっ走りばかりで、全く自由はありません。

見栄とハッタリ
Question見栄とハッタリばかりで、格好良くないってホント?
見栄とハッタリ  暴力団は、「見栄とハッタリ」で生きていると言っても言い過ぎじゃありません。
 「外車など高級車を乗り回すこと」「ブランド品を身につけること」「目立つ女性を連れ歩くこと」「札びらを切ること」で自分の存在を誇示します。これが、幹部達の「見栄とハッタリ」の4点セットで、少年達を「組み入れ」させるための誘いの言葉に使われています。
 でも、ええ格好できるのは、親分や一部の幹部だけ、下の者はとてもそうはいきません。いつも金に困って、見栄をはるのもままならないのが現状です。

覚せい剤
Question上からの命令には、絶対に逆らえないってホント?
 暴力団は独りになると弱い人間です。いつも「警察に捕まるのではないか」「組長や幹部に締められるんじゃないか」「敵からやられるんゃないか」と疑心暗鬼で不安定な精神状態に陥り、覚せい剤(シャブ、スピードとかS)を使用する者もいます。
 覚せい剤を使用すると肉体や精神が冒されてボロボロになり、最後には廃人になってしまいます。

生活・給料・小遣い
Question暴力団には、給料や小遣いがないってホント?
 組や幹部から給料や生活費などの支給はありません。
 だから、組に入ると、生活費や小遣いは、自分で稼がなくてはいけません。
 昔は、組の威力をちらつかせて、組が縄張りにする店から用心棒代やショバ代を稼いでいましたが、「暴力団対策法」や「暴力団排除条例」ができてからは、みんな賢くなって金を出さなくなったし、だからといって、ちょっと脅すとすぐ警察に捕まってしまう。
 生活費や小遣いを稼ぐのはなかなか大変で、楽ではありません。
Question暴力団は、悪いことをしてお金を稼いでいるってホント?
上納金  暴力団の伝統的資金源といえば、「覚せい剤、恐喝、賭博、ノミ行為」の4つと言われています。平たく言えば、犯罪行為によって金を稼いでいる「犯罪者集団」といえます。
 また、暴力団には「上納金」という制度があり、組長や一部の幹部に金が集まる仕組みになっています。組員は、毎月決まった「上納金」を納めないといけません。
 多くの暴力団員は、背に腹は代えられず、犯罪で生活費や小遣いを稼がざるを得なくなるのです。

家庭
Question暴力団員の家庭は幸せが薄いってホント?
家族の愛も家庭の温かさも崩壊  暴力団は、「犯罪者集団」です。警察に逮捕されるのは当たり前のことで、抗争でいつ死ぬかも分かりません。稼いだ金も組に吸い上げられ、生活費もありません。
 暴力団に入ると、家族の愛も家庭の温かさも崩壊してしまいます。
 また、「見栄とハッタリ」のため入れ墨を入れたり、組の「掟」で指詰めをしたり、犯罪を行ったりすることは、家族を泣かせたり、家族に肩身の狭い思いをさせることになります。

↑ページの先頭に戻る