大阪府暴力団排除条例

適用事例

 大阪府暴力団排除条例(平成23年4月1日施行)を適用した事案は、施行以来、総数103件、うち「暴力団事務所の開設及び運営の禁止違反」が2件のほかは全て「暴力団への利益供与に関するもの」でした。
 令和2年度の適用事案は9件で、「暴力団事務所の開設及び運営の禁止違反」が1件、ほか8件は「暴力団への利益供与に関するもの」です。

適用事例(令和2年度中)

1 暴力団事務所の開設及び運営禁止違反事案

 山口組二次組織組長らは、暴力団排除条例で暴力団組事務所の開設及び運営が禁止されている区域(児童福祉施設から200メートル以内の区域内)であるにもかかわらず、令和2年1月に組事務所を開設・運営したもの。
(令和2年4月 山口組直系組長及び組員2人に罰金)

2、3 飲食業者及び不動産業者による暴力団への利益供与事案

 飲食業者及び不動産業者は、事業のトラブル防止及び解決に暴力団の威力を利用するため、平成30年12月ころから平成31年2月までの間に、神戸山口組系組幹部に対し、それぞれ現金200万円を貸し付け、もって暴力団の威力を利用する目的で財産上の利益を供与したもの。
(令和2年6月 2事業者及び神戸山口組系幹部に勧告書を交付)

4 不動産賃貸業者による暴力団への利益供与事案

 不動産業者は、事業のトラブル防止及び解決に暴力団の威力を利用するため、平成29年1月ころから令和2年3月までの間、山口組系幹部2人に対し、所有するマンションの家賃を割り引いて入居させ、もって暴力団の威力を利用する目的で財産上の利益を供与したもの。
(令和2年9月 事業者及び山口組系幹部に勧告書を交付)

5 葬祭業者による暴力団への利益供与事案

 葬祭業者は、令和2年5月から6月にかけ、暴力団山口組の活動を助長することを知りながら、暴力団が取り仕切る「組葬」を約120万円で請け負い、葬儀会場を手配するなど、別の山口組系組長の葬儀を行い、もって暴力団の活動を助長する目的で利益を供与したもの。
(平令和2年10月 事業者及び山口組系組長に指導書を交付)

6 飲食店経営者による暴力団への利益供与事案

 飲食店経営者は、令和2年1月から3月にかけて合計4回にわたり、山口組系幹部に対し、暴力団の会合と知りながら場所と料理を提供し、もって暴力団の運営に資することとなる利益を供与したの。
(令和2年11月 事業者及び山口組系幹部に指導書を交付)

7 飲食店経営者による暴力団への利益供与事案

 飲食店経営者は、令和2年5月下旬、山口組組員ら60人に対し、暴力団の会合を知りながら場所と料理を提供し、もって暴力団の運営に資することとなる利益を供与したもの。
(令和2年12月 事業者及び山口組系組長に指導書を交付)

8、9 派遣業者・建設業者による暴力団への利益供与事案

  事業のトラブル防止及び解決に暴力団の威力を利用するため、平成31年に、派遣業者は、工事を請け負った業者へ支払った金銭の回収を山口組系幹部に依頼し、報酬を支払い、建設業者は、建設工事に絡み、請け負う業者を探すように同人に依頼し、謝礼を支払い、もって暴力団の威力を利用する目的で財産上の利益を供与したもの。
(令和3年2月 2事業者及び山口組系幹部に勧告書を交付)

 相談のご案内
中央相談室
TEL:06-6946-8930
淀川相談室
TEL:06-6363-8930
堺相談室
TEL:072-221-8930
毎週月曜日〜金曜日 AM9:30〜PM5:00
休日・祝日除く
詳細はこちら
↑ページの先頭に戻る